2018/6/13 16:19

最終回が総スカン「意味不明」「全部パー」

坂口健太郎

坂口健太郎主演のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』が、6月12日に最終話を迎えた。重厚なサスペンスに仕立てた脚本に評価が集まったが、最終話の展開には不満を訴える人も続出。ネット上には『ラストが意味不明すぎる』『すっきり終わらせてくれると思ってたから、最終話で全部パー』『モヤモヤ感たっぷりに終わらせるなよ!』『バッドエンドにもほどがある』といった声が上がっているとサイゾーウーマンが報じた。

『シグナル』最終回、全話平均7.7%! 「バッドエンド!?」「モヤモヤ感たっぷり」と批判|サイゾーウーマン『シグナル』最終回、全話平均7.7%! 「バッドエンド!?」「モヤモヤ感たっぷり」と批判|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(坂口健太郎|男性|1991/07/11生まれ|O型|東京都出身)