2018/5/27 07:45

あまりにスゴ過ぎて言葉を失うレベル…今すぐ観るべき

新垣結衣

『コンフィデンスマンJP』第7話が、これまでのなかでも1、2を争うほどの傑作だったと「ビジネスジャーナル」が報じた。最もインターネットを騒がせたのは、セルフパロディー。「はぁ……ガッキーだったらな」と言い放つ場面が、本作と同じく古沢良太氏が脚本を手掛けた『リーガル・ハイ』で、堺雅人演じる古見門研介が新垣結衣演じる黛真知子に「あーあ、長澤まさみだったらなあ」と言い放つシーンの裏返しになっていたという。

『コンフィデンスマン』前回放送回があまりにスゴ過ぎて言葉を失うレベル…今すぐ観るべきだ | ビジネスジャーナル『コンフィデンスマン』前回放送回があまりにスゴ過ぎて言葉を失うレベル…今すぐ観るべきだ | ビジネスジャーナル

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(新垣結衣|女性|1988/06/11生まれ|A型|沖縄県出身)