2018/5/17 14:44

山口達也は今、自殺防止の部屋で…

ドアノブ

神奈川県にあるアルコール依存症専門の医療センターで、山口達也さんの治療が始まっているという。部屋には首吊り防止のため、ドアノブがなく、飛び降り防止のため窓は10cmしか開かない仕様。さらに首などを刺す可能性もあるためボールペンも使用禁止だとATLASが報じた。

頑張れ!山口達也さん、ドアノブの無い自殺防止の部屋で孤独な戦い… | ATLAS頑張れ!山口達也さん、ドアノブの無い自殺防止の部屋で孤独な戦い… | ATLAS

編集者:いまトピ編集部