2018/4/23 11:14

「大戸屋」客離れ深刻

定食

「大戸屋ごはん処」を運営する大戸屋ホールディングスが発表した2018年3月期第3四半期の連結決算によると、純利益が前年同期比64.7%減で、営業利益は19.3%減。客数は3年連続の減少で回復の傾向は見られない。立教大学経営学部教授の有馬賢治氏は「創業者逝去による社内騒動で企業イメージが低下したことも大戸屋凋落の要因としてあげられていますが、和食系の定食屋に期待されているメニュー、味、コスパが低下してしまったことでリピーター離れを生んだ主要な原因であると考えられます」と話していると「ビジネスジャーナル」が報じた。

大戸屋、客離れ深刻で「負け組」に? 遅い&高い&微妙なメニューがアダに | ビジネスジャーナル大戸屋、客離れ深刻で「負け組」に? 遅い&高い&微妙なメニューがアダに | ビジネスジャーナル

編集者:いまトピ編集部