2018/4/17 19:15

小保方氏、タレント転身Xデー

割烹着Amazon

STAP細胞騒動から早4年。久々にメディアに登場した小保方晴子氏に対し、ネット上では「キレイになった」と絶賛されていると「日刊サイゾー」が報じた。出版関係者は「『あの日』は発売1カ月で26万部を超えるベストセラーとなり、彼女は3,600万円以上の印税を手にしたといいます。それが底をついてきたため、今回、再び出版することにしたのではないでしょうか? 彼女にはお金へのこだわりが見え隠れし、生活レベルを下げられないタイプのように映る。『婦人公論』のグラビアでは、大御所の篠山紀信氏が起用されているあたり、次は写真集の出版も見越しているようにも思えます。それを足掛かりに、ゆくゆくはタレントとして活動する可能性が高そうです」などと話している。

小保方晴子、タレント転身のXデー - 日刊サイゾー小保方晴子、タレント転身のXデー - 日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部