2018/3/14 11:20

『日本レコード大賞』に関係者冷ややか「茶番でしかない」

日本レコード大賞Amazon

今年の『日本レコード大賞』大賞受賞は、三浦大知に内定したとささやかれている。売り上げや世論とはかけ離れた受賞作が目立つことで、ここ10年ほどの『レコ大』は、常に疑惑の声が噴出している。また、『文春』では、『レコ大』の最高責任者が、バーニングプロダクション・周防郁雄社長が行っていた、過去の不正を暴露する記事も掲載された。「現段階では『レコ大』の審査どころか、審査員さえも選定されていない状況。にもかかわらず、“内定者”の存在が事実であれば、『レコ大』は茶番以外の何物でもありません」とレコード会社関係者は語ったとサイゾーウーマンが報じた。

三浦大知、『日本レコード大賞』に早くも内定!? 「茶番でしかない」と関係者冷ややか|サイゾーウーマン三浦大知、『日本レコード大賞』に早くも内定!? 「茶番でしかない」と関係者冷ややか|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部