2018/3/10 07:06

足を絡ませ、キスをせがみ…「触りすぎだろ」と怒り

パソコン

山田涼介主演の『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』は、私立中学校の学園長である父・北沢泰蔵(中村梅雀)と、長男で医者の博文(小澤征悦)、長女で弁護士の知晶(波瑠)、次男で警察官の秀作(山田)たち一家によるコメディホームドラマ。第8話では、後輩の池江里子(恒松祐里)と恋人関係になった秀作が、彼女を北沢家へ招待した。芸能ライターは「里子は泰蔵と秀作と食事をしている最中、スリルを楽しむかのようにテーブルの下で秀作の足に自分の足を絡ませたり手をつないだりしていました。揚げ句の果てに家の中で秀作にキスをせがみ、あと数センチの距離まで近づくことも。これらのシーンに演技とはいえど山田ファンが不快に感じたようで、『秀作はこんな女と別れてほしい、あざとくてムカつく』『山田くんに触りすぎだろ』『なんで秀作がこの女を好きなのか、さっぱりわからない』『足絡ませるの見てられなかった』といった声が上がっています」と話していると「サイゾーウーマン」が報じた。

「見てられない!」『もみ消して冬』肉食系女子に山田涼介ファンが怒り?|サイゾーウーマン「見てられない!」『もみ消して冬』肉食系女子に山田涼介ファンが怒り?|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部