2018/2/17 14:36

羽生結弦と「確執」関係は冷え切っている…憤り

事件

平昌五輪にて羽生結弦が、素晴らしい演技を魅せて世界中を湧かせた。いたずらに不安を煽る記事が「FLASH」と「週刊文春」に掲載されたという。「FLASH」は、羽生のコーチを務めているブライアン・オーサーの発言について「羽生結弦に重圧をかけている」とし「噂通り2人の関係は冷え切っている」と報じた。「週刊文春」も「『美学』と『戦略』葛藤の果てに…ブライアンコーチとの愛憎6年」と題し、16年のグランプリシリーズにて羽生が2位に終わったのは「技術構成点のせいだ」とのブライアンの発言に注目。信憑性の薄い「コーチとの確執」という安っぽいドラマのような記事を掲載した両誌には憤りを感じると「wezzy」が伝えている。

羽生結弦とブライアン・オーサーに「6年の確執」? フィギュアスケートブームを利用するメディアの罪 - wezzy|ウェジー羽生結弦とブライアン・オーサーに「6年の確執」? フィギュアスケートブームを利用するメディアの罪 - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部