2018/2/14 09:11

餓死寸前「体重16.8キロ」だった…怒りと驚きの声

体重計

25歳の女性、Shokoさん(仮名)が公開した15歳の時の写真が、海外の人々を驚かせている。祖父から虐待を受けて食事を一切摂らせてもらえず、餓死寸前にまで陥ってしまったというShokoさん。体重がとうとう16.8キロになった時、目を見開いたまま気を失って救急車で集中治療室へ運ばれ、医師から「あと10分遅かったら命は無かった」と告げられたという。多くの海外メディアがShokoさんの激痩せした姿と暴力を受けて痣になっている姿の写真を紹介し、「なんでこんな酷いことができるんだ? 信じられないよ。でも彼女が助かって本当に良かった」といった声が上がったと「Techinsight」が報じた。

【海外発!Breaking News】家族から食事を許されず餓死寸前だった日本人女性に海外から怒りと驚きの声「こんな目に遭わせる理由はいったい何なんだ」 | Techinsight【海外発!Breaking News】家族から食事を許されず餓死寸前だった日本人女性に海外から怒りと驚きの声「こんな目に遭わせる理由はいったい何なんだ」 | Techinsight

編集者:いまトピ編集部