2018/1/18 13:06

応募メールがまさかの「ゼロ通」...悲惨すぎる!

小室哲哉

音楽プロデューサー・小室哲哉の“不倫”が、「週刊文春」報道で発覚した。2011年にクモ膜下出血を発症し、現在もリハビリ中という妻・KEIKOへの献身的な夫婦愛が、一気に霞んでしまうスキャンダルとなった。小室は現在エイベックスにとっては“お荷物”のような存在だという。関係者が「エイベックスにとっては不良債権というほかありません」「以前、小室を中心にしたイベントを開催したのですが、視聴者参加型企画への応募メールが、まさかのゼロ通でした。局員総出で、夜なべの“ヤラセメール”を書いたものです」と語ったと「サイゾーウーマン」が報じた。

不倫報道の小室哲哉、「エイベ内では不良債権」!? イベント開催も“応募ゼロ”の悲惨な現況|サイゾーウーマン不倫報道の小室哲哉、「エイベ内では不良債権」!? イベント開催も“応募ゼロ”の悲惨な現況|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部