2018/1/14 11:04

SNSで批判殺到も...「批判上等」闘争宣言か

松本人志Amazon

大みそかに放送された「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」の内容が波紋を広げている。ダウンタウン・浜田雅功が顔面を黒塗りにして映画「ビバリーヒルズ・コップ」の“エディー・マーフィーの扮装”で登場。視聴者はこの内容が「差別的」だとして敏感に反応。SNS上では批判が殺到する事態となった。関係者が「放送前から批判が来るのはわかっていたはず」としたうえで、「今回の“批判上等”の内容からは、松本人志さんの強い意志を感じます」と話した。「近年、急速にタブーが増えたテレビ界で“やっていいこと”の幅を広げてやろうという意志です。松本さんの“闘争宣言”だと言えるのではないでしょうか」と語ったと「アサ芸プラス」が報じた。

批判殺到の年末「ガキ使」特番は松本人志の“闘争宣言”だった!? | アサ芸プラス批判殺到の年末「ガキ使」特番は松本人志の“闘争宣言”だった!? | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部