2018/1/11 14:17

事実上の永久追放へ

夜

カヌー禁止薬物混入問題を受け、10日、日本連盟の春園長公常務理事は、加害者の鈴木康大(32=福島県協会)を事実上の永久追放にするとの見通しを明かした。また、薬物混入問題に付随して発覚した鈴木による窃盗問題の被害者は、薬物混入被害者の小松正治(25=愛媛県協会)も含めて5人に上り、そのうち4人とは示談が成立していることも明らかになった。「日刊スポーツ」が報じている。

薬物混入の鈴木康大「連盟再入会認めない」永久追放 - スポーツ : 日刊スポーツ薬物混入の鈴木康大「連盟再入会認めない」永久追放 - スポーツ : 日刊スポーツ

編集者:いまトピ編集部