2017/11/20 07:50

史上最低か「最終回がワースト視聴率」悲惨な状況も

篠原涼子

篠原涼子主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の視聴率が大苦戦。月9史上最低の数字を記録する恐れもあるという。テレビ誌記者は「同ドラマは、衆議院選挙の影響で放送開始が遅れ、最終回は12月25日の予定。クリスマスといえば他局は特番に力を入れており、さらに視聴者の分散が予想されます。そのためズルズルと低視聴率のまま12月を迎え、最終回がワースト視聴率なんていう悲惨な状況も考えられます」と話していると「アサジョ」が報じた。

「民衆の敵」篠原涼子に囁かれる“最悪のクリスマス”の懸念 – アサジョ「民衆の敵」篠原涼子に囁かれる“最悪のクリスマス”の懸念 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部