2017/10/21 14:07

大ヒット感を出すための「必死の演出」首をかしげる記者続出

いまトピ

嵐・松本潤が主演した映画『ナラタージュ』が公開。舞台挨拶が開催されたが、場内では大ヒット感を出すため“必死の演出”があったようだ。関係者が「同イベントは『祝・大ヒット!』という触れ込みでしたが、この日は2週目の週末の結果が出て、4位との速報もあり、大ヒットと呼ぶには首をかしげたくなるレベルでしたね。そんな状況のため、客席をバックにした記念撮影になった際に、客たちに『大入』と書かれた紙袋を持たせていましたよ」と語ったと「日刊サイゾー」が報じた。

松潤映画舞台挨拶で“必死の演出”!? - 日刊サイゾー松潤映画舞台挨拶で“必死の演出”!? - 日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部