2017/10/13 16:22

連ドラ最高を記録も…ドクターXの「不安要素」

いまトピ

10月12日にスタートした、米倉涼子が主演を務める連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第5シリーズ。初回平均視聴率は20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、今年の民放連ドラ最高を記録。人気作だけにネット上の注目度も高かったようだが、今回、新キャストの1人として加わった陣内孝則について、『なんか演技がオーバーで浮いてる』『陣内の演技には、昭和のコントみたいな騒がしさがあるよね』といった批判的な意見が寄せられていると「サイゾーウーマン」が報じている。

『ドクターX』初回20.9%に不安要素|サイゾーウーマン『ドクターX』初回20.9%に不安要素|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部