2017/9/14 15:09

気象予報士が絶対に言わない言葉

いまトピ

情報を発信すれば、意図しなくても人を傷つける可能性がある。広報のプロである大谷恵さんは、「プレジデントオンライン」で「気象予報士は『天気が悪い』とは言いません」と説明した。例えば、「降水確率が高い」場合、「遠足なのに残念だ」と思う人もいれば、恵みの雨を待ちこがれた農家の人は「嬉しい」と感じるかもしれません。「雨が降る」ということは全ての人に“悪い”とは限らない、ということを前提に、気象予報士は、「天気が悪い」とは言わないのだと解説した。

気象予報士が"天気が悪い"と言わないワケ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online気象予報士が"天気が悪い"と言わないワケ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

編集者:いまトピ編集部