10月21日
更年期障害が人によって違うのは体質や性格から

更年期に起こる様々な不調「更年期障害」は、人によって出る症状も強さもまちまち。差が大きい原因の一つは、卵巣機能の低下に個人差があるから。また、女性ホルモンの乱れに対して、体が敏感に反応する人もいれば問題なく順応する人も。さらに、心配性だったり完璧主義で自分を追い込む人は、症状を重く考えがちな傾向も。「誰にでも起こること」と、ゆったりと構えるのが大切です。またつらい人はガマンせず、婦人科を受診しましょう。

バックナンバー

2019年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。