8月20日
加工品などに含まれる塩分も換算する

汗をたくさんかく季節。汗で塩分が流れ出るためか、味の濃いものが食べたくなることがあります。熱中症予防に塩分は摂った方が良いのですが、摂り過ぎはNG!そこで気をつけたいのが、知らず知らずに摂っている塩分です。ハムやかまぼこなどの加工品には最初から塩分が多めに含まれていると考えて食事を。大豆、モロヘイヤ、海藻は塩分を排出しやすくする食材なので、意識して食べてみて。

バックナンバー

2019年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。