7月4日
口の中で変な味がするなら唾液を出して口臭予防を

口の中は唾液の力でpHが中性に保たれているため、食後以外は味がしないのが正常です。しかし食後でもないのに「酸っぱい」と感じる時には“酸性”、「苦い」と感じる時には“アルカリ性”に、口の中の状態がかたよっています。これが口臭の原因に。そんな時は舌をぐるぐる動かしましょう。唾液が分泌することで中性に戻り、口臭を予防できます。

バックナンバー

2019年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。