6月2日
シャワーを口の中に当てることでたるみ予防

入浴時、シャワーを口の中に向け、お湯を頰の内側に円を描くように当てましょう。口の中の血行を良くしてたるみの改善になります。この時、シャワーのお湯が出てくる部分を半分手で押さえると、水圧が高くなって効果アップ。また、鎖骨あたりにもシャワーを当てると血流がよくなってさらに効果的!

バックナンバー

2019年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。