5月27日
歯の間の汚れには歯間ブラシやデンタルフロスを

歯と歯の間は虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊「プラーク」がつきやすい場所。歯ブラシだけでは十分に落とせないので、少なくとも1日1回は歯間ブラシやデンタルフロスを使って汚れをきれいに落としましょう。日本人はこうした歯のグッズをあまり活用していないため、歯周病が多いとも言われています。歯周病は口臭の元なので、歯のお手入れはしっかりと!

バックナンバー

2019年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。