5月22日
抗酸化作用の強いトマトは生で食べてビタミンCも摂取

トマトに含まれる「リコピン」は、抗酸化作用のあるフィトケミカルの仲間。植物は強い紫外線を浴びても自分の力で日陰へ移動することができないため、自身を守るために作り出す成分があり、それがフィトケミカルです。旬のトマトを味わうことで、その強力な酸化作用の恩恵にあずかりましょう。また、生のままガブリと食べると熱に弱いビタミンCもしっかり摂取できます。

バックナンバー

2019年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。