5月21日
胸を開いて深呼吸することで副交感神経を優位に

パソコンやスマホの操作で猫背になりがちな現代人は、背中の筋肉が硬くなって肋骨が動かず、呼吸が浅くなっています。しっかりと息を吐き、深く吸い込むことができていないと自律神経の「副交感神経」の働きが低下し、便秘になったり太りやすくなることに。意識して胸を開いて生活し、深い呼吸を取り入れましょう。

バックナンバー

2019年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。