5月9日
夏に向かって膣周辺のケアを考える

膣の周辺は角質層が非常に薄く、刺激に弱い部分です。そのため下着やナプキンとの摩擦で皮膚が荒れ、かぶれがち。しかも皮脂腺からの分泌物が多く、ムレて雑菌も繁殖しやすいという悪条件が重なります。そこで、下着選びは肌触りと通気性を重視して。刺激を抑えつつ清潔な状態を保てる専用グッズも売られているので、夏に向かって取り入れてみては。

バックナンバー

2019年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。