5月4日
起き抜けの体に温かい生姜紅茶を

眠っている間は体温が下がっています。朝、ぼんやりとして活発に動けないのは、体温が低いため。そこで、朝起きたら紅茶を淹れて、生姜を加えてから飲みましょう。紅茶は茶葉を発酵させているため、体を温める効果があるそう。生姜のポカポカ効果は、みなさんよくご存じのはず。この生姜紅茶で温まれば、朝の体が軽やかに!

バックナンバー

2019年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。