3月17日
両膝を抱えてお尻を揺すり骨盤を整える

悪い姿勢や出産などが原因で、骨盤が開いたまま固まると、不安定な骨盤を安定させようとしてお尻に脂肪がつきやすくなります。骨盤を閉じるのに最も効果的な方法が、骨盤の中央にある「仙骨」を刺激すること。仙骨とは、尾骨(尾てい骨)の上にある、平らな骨のこと。仰向けに寝て両膝を両手で抱え込み、仙骨のあたりを軸に、体を前後左右にゴロゴロ揺らすことで、骨が正しい位置に戻ってきます。

バックナンバー

2019年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。