3月6日
最大の美容タイムは寝始めの約3時間

寝ている間、主に分泌される「成長ホルモン」は、肌や骨、筋肉などの新陳代謝を促します。特に重要なのが、寝始めの3時間ぐらいを切れ目なく熟睡すること。テレビを見ながらうたた寝すると、睡眠が途切れるので、眠気を感じたらすぐ寝床に入って。照明は暗くして、できるだけ音がない状態で熟睡を。

バックナンバー

2019年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。