1月6日
口角筋を鍛えて、若見え顔に

鏡を見るとため息……。年々顔の筋肉は下がっていき、どんどん老け顔になっていきます。そんな老け顔を若見え顔にするためには、表情筋を鍛えること。その第一歩は口角を上げるトレーニングです。まず、1、唇を歯の裏側に巻き込み、口を横に広げる。2、「ぱっ」と開く。この2つの動作を10回繰り返しましょう。そして、1日に何度でも鏡を見るようにして、意識して口角を上げること。口角が上がっている=笑顔に見えますから、免疫力がアップする効果も期待できます。

バックナンバー

2017年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。