12月14日
脳や肌、のどにやさしい「床暖房」

暖房などで頭に温風が当たり続けると、ボーッとしてしまいます。頭寒足熱といわれるように、頭はむやみに温めると熱のダメージを受けやすい場所。脳や内臓など大切な器官が骨で囲まれているのは、衝撃から身を守るためだけでなく、温度変化などの環境の影響を防ぐという効果もあるのだそうです。そのため冬場の暖房でオススメなのが「床暖房」。頭がボーッとしないだけでなく、風による乾燥がないので肌やのどにやさしく、床から放射される熱が天井に向かって上がることで、部屋全体が暖まるという効果があります。

バックナンバー

2016年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。