11月12日
小松菜でアンチエイジング

緑黄色野菜の代表格の一つ「小松菜」は、栄養価の高い身近な葉物野菜。カルシウムの含有量はほうれん草の3.5〜5倍もあり、骨粗しょう症が気になる方にオススメです。アンチエイジングに有効なビタミンA、C、Eの含有量も多く、炒め物、煮物、生食と様々な料理に使いたい野菜です。

バックナンバー

2016年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。