10月30日
ごぼうは皮つきのまま美味しく食べる!

食物繊維が多い食材の代表格である「ごぼう」。動脈硬化などの予防でも期待されています。ごぼう料理をするとき、皮をこそげ取りますがが、実は皮をこそげず、水にもさらさないほうが美味しいんです。ごぼうの美味しさのもとである甘い香りは皮に含まれているので、それを残したまま高温でさっと調理すれば、アクがうまみや甘みに変化します。ごぼうを皮つきのまま素揚げにしたり、きんぴらにして味と香りを楽しんでください。

バックナンバー

2016年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。