10月10日
冷え性の人こそ、ぬるめのお風呂に入ろう

いきなり熱いお湯に入ると、カラダの表面近くの血管がキュッ!と縮んでしまいます。すると、カラダ表面にバリアができてしまって、カラダの中まで熱が伝わりにくくなってしまうんです。だから、冷え性タイプの方こそ、ぬるめのお湯に、ゆっくり長くつかるのがいいんですよ。

バックナンバー

2005年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。