赤ちゃんの成長とともに変化していくお母さんの身体。

妊娠週数に応じた衣服が必要ですが、着用期間が限られるマタニティ服。

最低限のアイテムにしぼりたいと思う方も多いのでは?

そこで、これだけは絶対そろえておきたいマタニティ服についてご紹介します。

あわてないで!体形変化の様子を見ながら準備しよう。

妊娠が判明すると、急いでマタニティ服をそろえなくては!とあわててしまうかもしれません。

でも、それほど急がなくても大丈夫。

個人差はあるものの、妊娠してすぐに著しい体形変化が起きるケースはまれです。

また妊娠初期の段階では、臨月を迎えた時点でどの程度身体のパーツサイズに変化があるか予測するのは困難です。

かくいう私も妊娠4ヶ月頃に張り切って妊婦用のシャツワンピースを購入しましたが、息子は4000g超えのビッグベビーだったため、臨月にはボタンが留まりませんでした……。

体形変化の様子を確認しながら徐々にそろえていくのがオススメです。

まずインナー! 身体を締め付けないアイテムを選ぼう。

妊娠して最もサイズ変化が顕著な部分は、やはりお腹周り。

赤ちゃんを圧迫しないよう伸縮性のある素材のインナーを準備しましょう。

徐々に重くなってくるお腹を下から支えるガードルも1つあると便利。

私は義母からパイル地の腹巻きタイプのものをプレゼントしてもらい愛用していました。

そしてブラジャーも、アンダー・トップ共にサイズアップしても対応できるタイプを用意しておくと、授乳期まで使えて便利ですよ。

私の場合はよく伸びる素材のカップ付きキャミソールで丈長めのものを着用していました。

妊娠するとホルモンバランスの関係で肌が敏感になるので、インナーは特に通気性が良く肌にやさしい素材を選ぶのが良いですね。

ボトムスはウエストサイズ調整できるものを選ぼう。

私は、妊娠初期はニット素材のワンピース+レギンス等で対応していました。

でも、最終的にあると便利だったのが、マタニティ仕様のボトムス。

やはりデニム素材などしっかりとしたパンツはおなかを支えてくれる安心感が違いました!

マタニティ仕様のボトムスは、ウエストがカットソー素材や幅広いゴムになっているなど、おなかに負担をかけないアジャスト機能付きの商品がたくさん販売されています。

可能であれば試着して動きやすく着心地の良いものを選びましょう。

お腹が大きくなるとボトムスを履いたり脱いだりする動作も大変になってくるので、着脱のしやすさも重要です。

トップスは授乳時期も着られるデザインがオススメ!

マタニティ服のトップスには、赤ちゃんを出産してから授乳しやすいよう工夫されたデザインのものが多くあります。

授乳口や当て布があらかじめついていると、産後も長く使えてコスパも抜群。

新生児が触れても安心なシンプルな胸元デザイン&ナチュラルで肌触りの良い素材を選ぶのがオススメです。

また、トップスといえば私は冬の出産だったので、妊娠前から着ていたお腹まで包みこめるニット素材の羽織り物を冷え対策にヘビロテしていました。

夏も通勤時などのエアコン対策に1枚あると安心ですよ。

快適なマタニティ服でストレスフリーな妊婦ライフを!

なにかとお金がかかる出産前。

手持ちの服で伸縮性のあるアイテムを生かしつつ、サイズ変化にしっかり対応できるマタニティ服を徐々にそろえるのがオススメです。

つわりや体形の変化により心身ともにストレスを抱えやすい妊婦生活。

快適な衣服でお母さんも赤ちゃんもすこやかに過ごせるとよいですね!

(文・ふりすけ)