ニンニクを食べたわけでもないのに、体がニオう…。

だとしたら、あなたの毎日に問題があるかも。

体臭の悪化は生活習慣を見直して

赤ちゃんや子どもには、生理的な汗が原因で起こるちょっと酸っぱい汗臭はありますが、強い体臭はありません。

いわゆる体臭は30代くらいから、年齢と共にキツくなっていくものです。

ワキガと言われる体質的な脇のニオイは別にして、 多くの体臭は生活習慣の乱れや、生活習慣病による加齢現象の結果なのです。

女性の場合、自分自身は大丈夫でも、パートナーのニオイが気になる人も多いのでは。

ニオイの改善には、ライフスタイルの見直しが必要です。

ニオイを発生させやすいライフスタイルには、次のようなものがあります。

(1) 早食い、あるいは胃が悪い
(2) 野菜や海藻、果物など食物繊維を含む食品が不足しがち
(3) 便秘をしやすい
(4) 肉食が多い
(5) アルコールをよく飲む、あるいは肝機能が悪い
(6) 糖尿病やメタボリックシンドロームがある
(7) 中性脂肪が高い
(8) ふだんあまり汗をかくことがない
(9) ストレスが多かったり、 生活時間が乱れている
(10)慢性的に疲れている

これらが体臭の原因となる理由をみていきましょう。

ニオイは血液にのって口臭や体臭になる

(1)~(4)は、腸内環境が悪化しやすい原因や習慣です。咀嚼不足や消化不良は、腸内環境を悪化させます。

食物繊維の不足や、消化力を超えた過剰な肉食も、腸の中で腐敗菌が増加して、タンパク質を腐らせてしまい、悪臭を放つニオイ分子ができることに。

また、便やおならが臭いのは、腸内で有害物質が作られているため。そして便秘は、腐敗菌が増えている証拠です。

ただし、腸内で発生したニオイ分子は、本来は小腸から吸収され、肝臓で無害化、無臭化されるもの。

ところが(5)のような肝機能を低下させる要素があると、そのニオイ分子を肝臓で解毒できなくなります。

血液中にあふれたニオイ分子は、血流にのって体をめぐり、呼気を通してロ臭となったり、汗から体臭になって表れることに。

(6)の糖尿病やメタボリックシンドロームの人は、脂肪肝を伴うことが多いので、 肝機能の低下からニオイ分子を解毒しにくくなります。

実際、生活習慣病の外来に来る方は、たいていニオっています。

女性の場合、揚げ物は食べないから脂肪肝なんて関係ないと思っている人も多いですが、甘いものや炭水化物の食べ過ぎも、脂肪肝の原因に。

お菓子やパンばかりで1日の食事を済ませている人は、要注意です。

(7)~(9)は、汗腺や皮脂腺からのニオイが悪化する原因に。

中性脂肪の増加や、ストレス、生活習慣の乱れは皮脂を増やし、酸化させ、悪臭を引き起こします。

また、現代のライフスタイルは、ニオう体の大きな原因に。

(8)にチェックをつけた人は、エアコンのきいた室内で作業し、運動もしていないのでは。

ふだん汗をかいていない人がいざ汗をかくと、ミネラル分の多いベタベタした汗になります。

これは肌の菌を増やして、ニオイを発生させやすくするのです。

そして(9)のストレスや(10)の疲労が原因の体臭は「ストレス臭」「疲労臭」などと言われています。

ストレスが多いと、自律神経が常に緊張状態になり、結果的に、ワキガの原因となる「アポクリン汗腺」を刺激して、脇や陰部がニオいやすくなります。

また、ストレスがかかると足の裏に汗をかきやすくなり、これも悪臭の元に。

また、慢性的な疲労は、アンモニア臭を引き起こします。

体の代謝機能を低下させ、蓄積されたアンモニアが処理しきれなくなり、汗で排泄されてニオうのです。

お風呂にちゃんと入っているのに、体臭が気になるという方は、こうした生活習慣を見直してニオイをシャットアウトしましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと


桐村里紗(きりむら・りさ)

【お話を伺った人】桐村里紗(きりむら・りさ)

内科医・認定産業医。
治療より予防を重視し、ヘルスケアをライフスタイルデザインと再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるのか~体臭と口臭の科学』(光文社新書)他。ニオイ解決WEBサイト『ナゼクサ.com』運営。