体を太らせる「デブ菌」を減らし、ダイエットに働く「ヤセ菌」を増やす食生活のコツを紹介。

太りやすい人のお腹には「デブ菌」が多い!?

食べ過ぎてないのに太る、食事の量を減らしてもヤセない…。

そんなあなたは腸の中の「デブ菌」が多いのかも。

腸内細菌の“ファーミキューテス門”は、体を太らせる「デブ菌」。

一方、“バクテロイデーテス門”はダイエットに働く「ヤセ菌」。

太りやすい人は、腸内に「デブ菌」が多くなっている可能性があるのだそう。

では、「デブ菌」が多くなってしまうのはなぜなのでしょうか?

一番の原因は食生活。「デブ菌」が多い人は、食べる時間が遅かったり、3食しっかり食べていなかったり、食生活に問題があることが多いよう。

腸内細菌のバランスがあなたの体型を決める!

「デブ菌」を減らして「ヤセ菌」を増やすには、“腸のゴールデンタイム”に向けて食生活を整えること。

人間の体は眠ると、臓器も一緒にお休み状態に。しかし、腸だけはバリバリ活動しています。

それは「副交感神経」が働くリラックス状態でこそ、動く臓器だから。

そのため、副交感神経にシフトする午前0時以降を“腸のゴールデンタイム”といいます。

この時間の腸の働きが「デブ菌」と「ヤセ菌」のバランスを左右することに。

また、腸のゴールデンタイムに向けて食生活を整えることは、よい眠りにもつながります。

すると、脂肪を燃やす成長ホルモンも分泌され、体にとってヤセる条件が次々出現する“ヤセドミノ”が起こるように!

腸内環境は日々変化します。食べ方を少し変えるだけで、理想の体型になれますよ。

腸内の「ヤセ菌」を増やすコツ

○就寝3時間前から胃腸も寝る準備を

食べ物が消化されずに眠ってしまうと、老廃物や毒素が腸内に滞り、デブ菌の住みやすい環境に。

食べ物の消化にかかる時間は3時間ほど。つまり、腸のゴールデンタイムまでに消化を終わらせるには、午後9時までに夕食を済ませて。

軽く空腹を感じる程度で眠りにつけば、ヤセ菌が住みやすくなります。

○夜食は“ドロドロ食”で消化を早送り

夕食がどうしても遅くなる…。そんなときは“ドロドロ食”がおすすめ。

お豆腐やヨーグルトなど、食感がやわらかいものは、消化時間が短くなります。

また、サラダはヘルシーだから夜遅くてもOKと思われがちですが、食物繊維が多い野菜は消化に時間がかかります。

菜はポタージュにするのがおススメです。

○抜くのは絶対NG! 朝食は腸の目覚まし

朝、目が覚めて、夜に眠くなるのは「体内時計」の働きによるもの。

これには、朝の光で刺激される「脳の“中枢時計”」と、朝食を食べることで動き出す「臓器の“末梢時計”」があります。

夕食から10時間以上あけた後に朝食を食べると、末梢時計がリセット。

すると腸のリズムが整い、ヤセ菌が住みやすくなります。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと