体のさまざまな不調は冷えが原因に。冷えが起こす不調のしくみと改善のコツを解説します。

食生活や冷暖房の使い過ぎで体温調整機能が追いつかない

「日々、薬局でお客様と接していると、冷えが女性の健康と深く結びついていると実感します」と話すのは、漢方薬局の薬剤師である大林多津子さん。

なかなか改善しない不調を抱えている方には必ずと言っていいほど「冷え」があり、これによっていろいろな不調を招いていることが多いのだとか。

本来、人間の体には体温を一定に保つ働きがあり、暑いときには汗をかいて熱を放出し、寒いときには筋肉で熱をつくったり、毛細血管を収縮させて熱を逃さないようにしています。

しかし、体を冷やす食生活や冷暖房の使い過ぎ、またストレスなどが重なると、体温調節機能が追いつかなくなり「冷え」がでるのです。

女性の体と関係が深いのが“下半身冷え”

冷えにもいろいろなタイプがあります。毛細血管の働きが悪く、手足が特に冷たくなる「末端冷え性」

手足はポカポカしているのに体の中は冷えている「内臓冷え」

下腹から太ももなど下半身が冷えて、上半身の熱とのバランスが取れずのぼせを感じやすい「下半身冷え」などがあります。

中でも生理痛や生理不順など、女性の体と関係が深いのが、下腹が冷えている下半身冷え。

下腹には、子宮や卵巣など女性の体をコントロールする臓器があるので、この部分が冷えていると十分な血液が届かなくなり、ホルモンバランスの乱れにもなるのです。

冷えを改善すれば更年期も快適に過ごせる

そして、女性にとって気になる更年期症状も冷えと関係があります。

更年期は閉経による女性ホルモン低下が原因で、不快な症状が現れる時期。

「体がほてって汗がとまらない」というホットフラッシュは、更年期の代表的な症状ですが、若い頃から冷えに悩まされてきた人ほど、症状が強く出る傾向があるのだそう。

下腹や下半身が冷えている人の多くは、上半身に熱がたまってのぼせ気味になっています。この上半身の熱をさますために汗をかきますが、体全体が熱いわけではありません。

「冷え」と「多汗」は正反対のようで、実は原因は同じともいえます。冷えを改善すると、更年期につらい症状で悩むことも予防できます。

生活習慣で冷えを解消

こうした冷えの改善には、日常生活で行ってほしいポイントがあります。まず「冷たいもの・体を冷やす食品を控える」こと。

暖房で部屋の中が温かいからと、冬でもアイスクリームを食べていませんか。口に入れるものは温かいものか、常温のものにすることを心がけて。

白砂糖は体を冷やすとされますから、スイーツは控えめに。

また「入浴」は体を温め、めぐりをよくする最適の手段。39度くらいのぬるめのお湯に15分以上ゆっくり浸かるのがよいとされます。

そして「体を動かす」ことも大切。ウォーキングや軽いジョギングなどの、呼吸しながらできる有酸素運動が、めぐりをよくしてくれます。

こうした習慣を心がけて、冷えない体をつくりましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと