むし歯予防の歯磨き、丁寧に行なっている人も多いのでは。でも、歯みがき後のうがいは何回していますか?

歯磨きの効果を高めるうがいの回数と方法をご紹介します。

食後の口内でミュータンス菌が増殖する

むし歯予防にはこまめに歯を磨いて、食べかすを長時間、口のなかに残さないのがカギ。

うがいの回数を検証する前に、まずむし歯ができる仕組みを解説します。

むし歯は、口のなかにいるミュータンス菌が、糖質をエサにして酸を作り出し、それにより歯が溶かされることで穴が空くもの。

糖質が口の中に長い時間あるほど、ミュータンス菌が酸を出す時間も長くなるため、むし歯になりやすく。

また、ミュータンス菌は、粘着質のプラーク(歯垢)も作り出すので、そこでまた菌が繁殖して、よりたくさんの酸を作り出すことになります。

むし歯予防のためには、食後にミュータンス菌のエサとなる糖質をすばやく除去することが重要。そのために、歯磨きをするのです。

歯の石灰化を促進するフッ素の働きとは

また、むし歯はいきなり歯に穴が空くのではなく、まず表面のエナメル質のミネラルが溶け出します。

これを脱灰といい、徐々に脱灰が進行するとエナメル質に穴が空き、冷たいものがしみるように。こうなると、むし歯です。

穴が開いた場合は歯科医で治療が必要ですが、脱灰の段階では、フッ素を利用することで、脱灰した歯を修復することができます。

フッ素には、歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着するのを助ける「再石灰化」を促進する力が。

また、歯の質を強くして、ミュータンス菌が作る酸に溶けにくい歯にしてくれます。

さらに、歯ブラシで落としきれないプラークの中に潜むミュータンス菌の働きを弱め、酸の分泌を抑制します。

フッ素配合のハミガキ粉使用時のうがいは1回に

市販の歯磨き粉では、ほとんどの商品にフッ素配合の文字が記載されています。フッ素の効果を発揮させるためには、フッ素が長い間口の中にとどまっていることがカギ。

そのためフッ素配合のハミガキ粉を使っている場合は、うがいを1回、5秒程度にしておきましょう。

何度も強く口をすすぐと、フッ素が流れ出て口の中にとどまりません。

歯周病予防などの目的で、フッ素を配合していないハミガキ粉を使っている場合は、フッ素洗口液を活用するのも手です。

これは、歯を磨いた後にフッ素配合の液体を口に一定時間含み、くちゅくちゅして吐き出します。

フッ素を歯に付着させるためのもので、洗口液をはきだしたあと、すすぎのうがいを行わないため、フッ素配合のハミガキ粉よりも歯にフッ素が定着しやすくなります。

また、年に数回、歯科医でフッ素を直接歯に塗る方法も。フッ素を活用して、むし歯から歯を守りましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと