他人と自分の前では態度が違う、間違いは決して認めないなど。モラハラ男にはたくさんの特徴が…。その見分け方をご紹介します。
自分ルールを徹底的に守らせる『モラハラ男』の見分け方

従わないと理不尽な主張をぶつけてくる

夫婦の離婚の原因に、モラルハラスメント、通称モラハラが増えています。

モラハラは、暴力で相手にダメージを与えるドメスティックバイオレンスとは違い、言葉や態度などモラルで精神的な苦痛を与えるもの。

女性が被害者になりやすいのも特徴のひとつです。

例えば、家事を全部妻に押し付け、完璧を求める。その上、できていないと怒鳴ったりする。

また、専業主婦の妻にお金を渡さず徹底的に無駄のないやりくりを求めるにも関わらず、自分は好きな買い物をするなど。

自分ルールを相手に徹底的に守らせたり、自分が正しいという考えのもと、それに従わないと理不尽な主張をぶつけてくることもあります。

いまのところ、モラハラの定義は確立されていません。

最近では、職場で自分の立場を利用していやがらせをするパワーハラスメント、性的いやがらせをするセクシャルハラスメントも、モラルハラスメントのひとつと考えられています。

これから紹介する項目が少しでも当てはまる人は、彼氏や夫からモラハラをうけている可能性があるので、注意をして。

モラハラ男の見分け方

○人を傷つける言葉を言う

モラハラは暴言や態度で人を傷つけます。

モラハラ男にはきっちりしたタイプが多く、相手のできていないところを執拗に攻め続けることも。

長期に渡り攻め続けられることで、相手は精神的に疲弊します。

○絶対に謝らない

自分が正しいと思っているのがモラハラ男の特徴。

例え自分のせいであったとしても、何かと意見を押し付けてきて、決して謝りません。そ

して、少しでも相手の非を見つけると、そこを徹底的に非難します。

○家と外では別人

モラハラ男は、外面がいい傾向があります。外では人のよさをアピールし、他人にも笑顔で対応。

しかし二人っきりになったり、家に帰ってくると、とたんに無愛想で機嫌が悪くなったりします。

さっきまで仲良く話していた友達や同僚の悪口を、突然言い始めるといったことも。

○束縛する・嫉妬心が強い

自分が正しいと自信がある一方で、傷つきやすい一面も。

そのため、彼女や妻など自分のものと認識している人に対しては、異常なまでの束縛をすることが。

嫉妬心が強く、相手が一人で外出している時、自分の悪口を言っていないか心配する、誰とどこにいるのか、何時に帰ってくるのかなど、しつこく聞きます。

○感情の起伏が激しい

決して謝ることはしない頑固な性格のモラハラ男。

感情の起伏が激しく家と外でガラッと態度が変わるほか、他人への暴言は言うけれど自分への批判には非常にナイーブで、時には突然泣き出したり、怒り出したり。

そして、必要以上に優しくなることもあります。激しい感情に付き合わされる相手は、精神的に疲れることに。

モラハラはつきあううちにひどくなる

モラハラは、はじめからすぐに現れるものではありません。徐々に強くなってくるため、気づけば激しいモラハラにさらされていることも。

そのため、被害者側はかなりつらい状況にならない限り気づかない場合もあります。

長期にわたる場合は、うつ病になることもあるので、専門家に相談をしましょう。

また、モラルハラスメントは女性が被害者になる場合が多いですが、基本的に加害者、被害者に性別は関係ありません。

女性側が暴言や態度で男性側を傷つけた場合も、モラルハラスメントに。被害者はもちろん、加害者にもならないように気をつけましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと