お腹が張るし、体も重くなる便秘。慢性的な便秘に悩む女性も多くいます。

たかが便秘と放っておくと、なんと口から便臭も! 口臭ケアでは治らないので気をつけて。
便秘になると口から便臭がする!?便秘と口臭の意外な関係

腸で腐敗した排泄物のガスが口臭に

毎朝、いきむことなくスルッとバナナのような便がでるのが、理想的なお通じです。

3日以上便が出ていない人、毎日出ていても少量だったり、状態のよくない便の場合は、便秘の可能性があります。

特に、冷えやすい、腹筋が弱いといった理由から、女性は便秘になりやすい傾向に。

昨今では、ヤセ型の女性が多く、食事量が少ないために便の量が増えず、便秘になっている人もいるそう。

慢性的な便秘の人も多数いますが「いつものことだから」と放っていると、口から便臭がする可能性があります。

本来、排便とは体の不要なものを体外に排出する重要なもの。それが、排出されないと腸に溜まった状態になります。

すると、腸内の悪玉菌が増えて、排泄物が腐敗し、有害物質が生成されます。

この有害物質が腸壁から吸収されて、血中に流れ込み、全身に流れていきます。

これが肺に至ると、呼気にのって口から口臭として便のにおいが…。

このにおいは、口腔ケアを行なっても、消すことはできません。

便秘解消に努めてニオイを一掃

このように口から便臭がする原因は便秘なので、便秘を解消しないと、口臭も改善できないのです。

便秘になる原因は人ぞれそれ。便秘を解消して口から出る便臭を改善する方法を下記にまとめました。

<便秘を改善して口から出る便臭を消すコツ>

○ 食物繊維をとる
便秘解消の代表的な方法といえば、食物繊維。根菜類などに含まれる「不溶性食物繊維」は、便の量を増やす働きがあります。

また海藻類に多く含まれる「水溶性食物繊維」は、腸内で水を含んだゲル状になってやわらかい便を作るほか、善玉菌を増やす効果も。

どちらもバランスよくとるのがおすすめです。

○ 乳酸菌をとる
便秘だと、腸内環境が悪化し、悪玉菌が多い状態になっています。そこで、善玉菌を増やすのを助ける乳酸菌をとりましょう。

代表的な食材がヨーグルトですが、1つの種類を1~2週間続けて食べて、腸と便の様子をみましょう。

改善されないようなら、別の菌が入ったブランドのものを食べるようにすると、自分にあった乳酸菌が見つけられます。

また、ぬか漬けやキムチといった植物性乳酸菌も腸内改善に◎。積極的に食べましょう。

○ 食事をしっかりとる
食事をしっかり食べないと、便の量が増えずに便秘になります。和食を中心としたバランスのよい食生活を心がけて。

食事はできるだけ3食、だいたい同じ時間に食べると、体のリズムが整い便秘が改善しやすくなります。

○ 朝は余裕を持って起きる
便を排出しようと腸のぜん動運動が起こるのが朝。時間がないからとこの便意を無視してでかけると、便秘を助長することに。

このタイミングを逃さないためにも、朝は出かける1時間以上前に起きましょう。

朝食を食べたり、ストレッチや腸もみをして、軽く腸に刺激をあたえるのも効果的。

朝、便意をもよおさなくても、便座に座ることを習慣にしていると、次第に排便のタイミングが整ってきます。

○ 朝起きたら白湯を飲む
寝ていた体を起こすスイッチとして、白湯は最適。インドの伝統医療・アーユルヴェーダで、白湯は“内臓のシャワー”と言われています。

白湯は、内臓を温めて活動スイッチをオンにしてくれるもの。

まずは、自分がおいしくて飲みやすいと感じる温度の白湯を、マグカップに1杯飲むことからはじめてみましょう。

慣れてくると、白湯を飲んだ後に、腸が「キュルキュルッ」と動く音が聞こえる場合も。

いくつかの方法をまとめて取り入れると効果的。できるものからさっそくはじめてみましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと