人が発する言葉には、その人の深層心理が含まれています。

言葉とは裏腹に「実はこう思っている」という正直な気持ちを、口ぐせから見抜きましょう。
「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音

言葉をそのまま受け止めずにその心理を読む

会話の中で「なるほど~」とよく言う人は一見、よく話を聞いているように見えますが、実はそうでもないのだそう。

言葉では納得したように見えても、実は違うことを心で思っているということはよくあるもの。

そんなわかりにくい人の心理ですが、口ぐせで見抜く方法があるのです。

よく使われる口ぐせに隠された、深層心理をご紹介します。

<相手の本音を見抜く口ぐせ>

・なるほど~

納得した時に使うと思われがちな「なるほど」。本来はそうですが、何度も言う人は、「相手に納得しているという姿を見せて、早くこの話を切り上げたい」と思っています。

または、聞いているふりをしているだけで、聞き流している可能性も大です。

また、仕事などで交渉している時に相手が「なるほど」といったら要注意。

一度、納得しているようにみせて油断させ、そのあとに反論を言おうと待ち構えているおそれが。

交渉術で使える手でもあるので、セールスマンが口ぐせにしがちです。

・でも

相手の言葉と逆のことを伝える言葉です。これが口ぐせの人は、否定的、ネガティブな人が多数。

例えばせっかくほめられても「でも、私ここがダメなんだよね」とあえて自分を卑下して、誰かに励ましてもらいたいのです。

さらに、自分の意見を押し通そうとするガンコな面も見られます。

「でも」をたくさん使う人とのコミュニケーションは、その人の意見を否定せずに受け入れながら話を進めるのがコツ。

・すみません

「すみません」は謝罪の意味を含む言葉ですが、謝罪の必要がないのに「すみません」を使う人は、とりあえずあやまっておけば安心と考えている人です。

つまり、責任感が薄い人。

口では「すみません」と言っているものの、自分が悪いという意識はゼロに近いので、いざ何かが起きたとき自分のせいではないと逃げる可能性が大いにあります。

過度に信用するのは避けて。

・ここだけの話

自分だけにこっそり秘密を打ち明けてくれるようなこの言葉。

なんとなく魅力的な、自分に得のある話をしてくれるように感じます。

この言葉が口ぐせの人は、相手との距離を縮めたい、人と親密になりたいと思っています。

ただし、この言葉の裏には下心も潜んでいて「いい情報を教えてあげるから、私と仲良くしてよ」といった気持ちも。

また「ここだけの話」と聞くと、とても貴重な情報を教えてくれるように聞こえますが、冷静に考えるとそうでもないことが多いので、惑わされないで。

・忙しい

この言葉が口ぐせの人は、自己顕示欲が強いタイプ。

「忙しい」という言葉を使うのは、「仕事ができる」「人気がある」といったことを間接的にアピールしたいから。

実際「忙しい」と頻繁に言う人ほど、たいして忙しくないものです。

また、相手から信頼されたいという願望もあるので、頼みごとをすると「忙しい」割には意外にさらっと引き受けてくれることも。

・絶対に

物事を強調する言葉の「絶対」には、その人の不安感が含まれています。

根拠がないからこそあえて「絶対」を使って、自分の意見を強調するのです。

この言葉が口ぐせの人は自分に自信がない傾向が。

不安感があるものの、この言葉を付け加えることで自信をプラスし、何度も使うことで自己暗示をかけ、不安感を取り除いているのです。

絶対という自信がありそうなイメージとは、逆であることを認識しておきましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと