何気なく食べている食材の組み合わせが、実は食べ合わせが悪いということも!

意外と知らない、食材の悪い組み合わせをまとめました。

現代の栄養学からわかる食べ合わせが悪い食品

昔から、食べ合わせの悪い食品というのは言い伝えられています。代表的なのが「うなぎ」と「梅干し」の組み合わせ。

脂っこいうなぎと、酸味の強い梅干しは、消化不良を起こすと言われてきました。

しかし、現代では、むしろ梅干しは脂っこいうなぎの消化を助けるとされています。

諸説ありますが、高価なうなぎを食べ過ぎないようにこの説が作られたとも。現代でも、栄養学的に食べ合わせが悪い食品はあります。

ただし、この組み合わせで食べたからといってその場ですぐに具合が悪くなるというほどの影響は考えにくいもの。

無駄に大きな心配はいりませんが、健康的な生活を送るためにも知っておいた方がいいこともあります。

知らずに食べている悪い組み合わせをまとめました。

<食べ合わせが悪い食品>

◯ほうれん草+ベーコン

ベーコンの発色剤である「亜硝酸塩」と、ほうれん草の「硝酸」。

この2つの成分が体内で反応すると、発がん性物質の「ニトロソアミン」を生成してしまうとか。

ただし、ビタミンCを加えると、ニトロソアミンの抑制に働くので、レモン汁をたっぷりかければOK。

また、発色剤不使用のベーコンを選べば◎。

◯焼き魚+漬物

和食の定番といえば、焼き魚に漬物。

でも、焼き魚の焦げに含まれる「ジメチルアミン」と、漬物に含まれる「亜硫酸塩」が組み合わさると、発がん性物質が生まれるとか。

レモン汁をかけると、発がん性物質の生成の抑制に働くので、焼き魚に添えられてくるレモンはぜひ活用して。

◯トマト+キュウリ

サラダにはいつもセットで見かける定番の組み合わせ。

しかし、キュウリに含まれる酵素が、トマトのビタミンCを破壊してしまうそう。

キュウリの酵素は、酢に弱いので、酢を使ったドレッシングを使いましょう。

また、キュウリとトマトはいずれも夏野菜ですが、東洋医学で夏野菜は体を冷やすとされています。

冬に一緒にとるとお腹が冷えるという理由も。

◯牛乳+スナック菓子

牛乳には、骨を丈夫にしてくれるカルシウムが豊富。しかし、このカルシウムは、体内にリンが多すぎると吸収が阻害されてしまいます。

リンは食品添加物として使われることが多く、スナック菓子やインスタント食品に多く入っています。

牛乳のカルシウムをムダにしないため、スナック菓子は控えめにして。

◯納豆+卵白

納豆と卵を混ぜて白いご飯にかけると、朝食に最高ですね。

しかも納豆と、卵の黄身に含まれる「ビオチン」は、髪や肌によい栄養成分でWパワーが期待されます。

しかし、卵白に含まれる成分は、このビオチンの吸収を妨げてしまうそう。

納豆に卵を入れるときは、卵黄だけにするのがおすすめ。

◯レモン+カフェイン

紅茶にレモンを加えて飲むレモンティーが、実は食べ合わせの悪い組み合わせ。

レモンについている防カビ剤と、紅茶のカフェインが反応して、発がん性物質が発生してしまうそう。

レモンティーを飲む場合は、皮をむいた輪切りレモンを入れるか、果汁だけしぼったり、オーガニックのレモンを使うのがよさそう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと