じんわり温め、頭痛や吐き気などのPMSに効果てきめん!

PMSなどの婦人科トラブルに効果的な、こんにゃくを使って子宮を温める日本古来の方法を紹介。
つらい生理痛やPMSには『こんにゃくお灸』が効く! そのやり方を紹介

体の中心・子宮を温め、全身をめぐらせ不調の改善に

PMSや生理痛への即効性で注目なのが「こんにゃくお灸」。

生理前後は子宮が緊張し、硬くなります。ここを直接温めてゆるめることで、PMSや生理痛の緩和に。

また東洋医学で子宮は体の中心部であり、ここが温まると全身のめぐりがよくなるとされ、頭痛や肩こり解消にも働きます。

子宮を温めるために最適な食材がこんにゃく。こんにゃくの湿気を含んだ熱は、皮膚の表面を乾燥させずに、温かさをじっくり浸透させます。

「こんにゃくお灸」は日本古来の療法で、俳人の正岡子規が腰痛の解消に行ったという記録も残っています。

テレビやスマホを見ながらの“ながら”でOK。ホカホカと気持ちよく、リラックスできます。

こんにゃくお灸のやり方

生理が始まる3日前くらいからスタートし、1週間に2~3回行います。こんにゃくは数回、繰り返し使うことができます。

◯準備するもの
・こんにゃく1枚
・ジッパー付きポリ袋(電子レンジ対応のもの)2枚
・フェイスタオル1〜2枚

1)電子レンジで加熱
こんにゃくをポリ袋に入れ、口を開けたまま、電子レンジ(500W)で1分30秒ほど加熱する。

2)ポリ袋を2重にする
温めたこんにゃくのポリ袋は、なるべく空気を抜いて口を閉じ、もう1枚のポリ袋に入れて二重にする。

熱いのでやけどしないように注意を。また、完全に閉じていないと水漏れするので、袋の口はピッチリ閉じて。

3)フェイスタオルで巻く
温めてポリ袋を二重にしたこんにゃくに、フェイスタオルを巻く。

4)こんにゃくの上に座る
膣のあたりにこんにゃくが当たるようにイスに置いた上に座り、座り心地のよい位置に調整する。20分ほど温める。

初めは熱をあまり感じませんが、次第に強く伝わってきます。熱すぎたらタオルを増やして調節してください。

使用後のこんにゃくは袋のまま冷蔵庫に入れ、次回そのまま温めて使うことができます。水分がなくなり、使い心地が悪くなったら交換を。

こんにゃくは、シンクの掃除などに活用しましょう。

使用中、気分が悪くなったり異変を感じたらやめてください。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと