カラーやパーマを繰り返して、髪が傷んだことはありませんか?

実は髪だけではなく、頭皮にもダメージがあるんです。一番、ダメージが強い施術とは?
白髪染め、カラー、パーマetc…髪や頭皮に一番ダメージが強いのは?

髪にやさしいカラーやパーマが登場し進化中

ヘアサロンでカラーやパーマ、好みの髪型になるには欠かせない施術です。ただし、気になるのは頭皮や髪へのダメージ。

そこで、ヘアサロンの施術でダメージが強いものをランキング形式でご紹介します。

1位:縮毛矯正

一般的なストレートパーマよりダメージが強いのが縮毛矯正です。

ストレートパーマではまっすぐにできない強いクセの髪を、アルカリ性のパーマ液とストレートアイロンで熱を加えることでのばしていきます。

パーマ液を付けた後、薄く髪を取りストレートアイロンで全ての髪をのばすので、髪の長さにもよりますがパーマだけで3~4時間かかります。

クセの強さによりますが、一度縮毛矯正した部分は、半永久的にストレートのまま。

次回から、のびた部分のみかければOKと、持ちがいいのも魅力のひとつです。

施術は、長時間、髪や頭皮にパーマ液が付いていること、そしてさらに熱を加えて、引っ張るという作業が加わるので、ダメージは大。

ただし、最近ではダメージを減らした弱アルカリ性の縮毛矯正もあるそうです。

2位:ブリーチ

髪の色素を抜く作用が強いブリーチ。ブリーチは、日本人の黒い髪を金髪にするほどの脱色作用があるので、その分ダメージも大。

ブリーチ剤がタオルに付くとタオルの色も白くなるほど強力です。頭皮にブリーチ剤が付くと、痛みがともなう場合も。

現在では、ゴールドやシルバーなど、明るい色にしたい人の施術で用いられます。

また、発色のよいピンクや青などの色にしたい場合は、一度ブリーチをして髪の色素を抜いてから色を入れるという作業に。

3位:白髪染め

白髪を黒くする白髪染め。強い色を入れるため、ダメージは大きくなります。真っ白な髪を真っ黒にするほど、髪への負担が大きくなるということ。

4位:アルカリカラー

ヘアサロンで行われているカラーリングの主流が、アルカリカラー。

ドラッグストアで販売されている、セルフのカラーリング剤もアルカリカラーです。

髪を明るくしながら、色を入れることができるもの。もとの髪の色からどれだけ離れた色にするかで髪へのダメージ度は異なります。

そのため、あまり髪色を明るくしなければ、ダメージは最小限で抑えることが可能。逆にかなり明るくする場合は、ハイダメージになります。

同点4位:パーマ

パーマ剤を使用して、髪にウェーブを作り動きを出す施術です。

薬剤を2種類使い、1液で髪の毛の中の組織の結合を離し、2液で離した組織を再び結合させます。

この時、髪にロット(カーラー)が巻かれていると、その状態に形状記憶します。薬剤を使うので頭皮と髪に負担がかかります。

パーマは髪の外部にダメージが出るので、髪が傷んだという印象になりやすいのも特徴。

ただし、最近では熱を出すロットでパーマをかけるデジタルパーマや、空気と水の力でパーマをかけるエアウェーブ、スチームを使う水パーマ、化粧品登録されているパーマ液を使うコスメパーマなど、髪の負担を減らしたパーマもたくさん登場しています。

髪質によっても相性がありますが、痛みがほぼ気にならない人も。

6位:ヘアマニキュア(酸性カラー)

表面を色でコーティングするのがヘアマニキュア。

施術のしかたにより、ハツヤやコシを出すこともできます。

カラーリング剤を髪の内部に浸透させることはしないので、その分髪のダメージは減ります。ただし、髪の色を脱色して明るくすることはできません。

ヘアマニキュアで白髪を染めることも可能ですが、アルカリカラーほどしっかりは染まりません。

7位:ヘナ(草木染め)

アーユルヴェーダでハーブとして使われていたもので、ヘナの葉を乾燥させたものをカラー剤として使用します。

天然の染料のため、髪へのダメージがなく、トリートメント効果が高いことで人気に。ただし、色味の種類が少なく、一時的に髪がきしむこともあります。

※髪や頭皮へのダメージは、髪質やヘアデザインによっても異なります。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと