エアコンの風から変な臭いがしたり、エアコンをつけると鼻や咳が出る場合は、エアコン内部にカビが密集している可能性があります!

夏の終わりにやっておきたい、エアコンのカビ予防と、掃除方法をご紹介します。
夏の終わりにエアコンの掃除ってした方がいいの?

エアコン内はカビが生息しやすい環境

猛暑の夏、エアコンは毎日フル稼働。

秋が近づくに連れて、なんだかエアコンの風が臭うように感じた経験ありませんか?

なんだが、鼻がムズムズしたり、喉がイガイガするのは、エアコンのせいかもしれません。

また、カビ過敏症と呼ばれる、空気中のカビが原因で起こる咳もあります。

旅行に数日出かけると治る、風邪薬が効かないなどの場合は、その可能性も。

なかには、肌に蕁麻疹が出たり、悪化すると肺炎や呼吸困難になる人もいるそう。

こういった症状は、5~10月に多くみられるといいます。

これらは、エアコン内で発生したカビが、エアコンの風によって室内に撒き散らかされるせいで起こります。

なんと、10分で平均250~1000個のカビ胞子が部屋に広がるのだとか。

残念ながら、エアコンを最も使うシーズンに、エアコン内部でカビ発生しやすいのです。

どんなにきれいなエアコンでも、1ヶ月使えばカビが発生するとも言われています。

暑い季節は、気温とエアコン内の冷風の温度差から、エアコン内に結露が発生。

それによる湿度と、部屋から吸い込んだ空気に混ざるホコリがカビのエサとなり、カビにとって快適な環境が整うため、エアコン内でカビが発生しやすくなるのです。

自分ではなかなか見られませんが、エアコンを開けてみると驚くほどカビが繁殖している場合もあります。

エアコン内に湿気とホコリをためない工夫を

エアコンのカビを予防するには、いくつか方法があります。

まず、エアコンで冷房を使用した後、1時間ほど送風や除湿にしてから停止すると、内部の結露が解消されてカビができにくいそう。

また、エアコンに「ニオイ臭除」ボタンがあれば、それを活用するとカビを防ぐことができます。

そして、エアコンのフィルターをこまめに掃除するのはもちろん、市販のエアコン洗浄スプレーを使って、内部のホコリも極力除去しましょう。

ただし、どれも応急処置で根本解決にはなりません。

年に1回はプロの業者さんで、エアコン内部をきちんと掃除してもらうのがおすすめです。

相場はだいたい、1台8000円から1万円程度。

季節によっては、“エアコン2台目は無料”というキャンペーンをやっているところもあります。

掃除にかかる時間は、1台、1時間から1時間30分ほど。

フル稼働している間はなかなか掃除できませんが、使わなくてもいい日が増えてくる今の時期が、お掃除チャンス。

暖房でフル稼働する前に、一度掃除をオーダーしてみては。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと