「風邪をひいたから病院に行って抗生剤をもらって早く治そう」と思って病院に行ったのに、抗生物質は処方されなかった……こんな経験はありませんか?

風邪には基本的に抗生物質は不要です。その理由を知るには、細菌とウイルスの違いを知っておく必要があります。

抗生物質が効くのは細菌だけ

風邪などの感染症の原因となる主な病原体は「細菌」と「ウイルス」ですが、この2つの違いの一つは「細胞でできているかどうか」です。

細菌は細胞からできていますが、ウイルスはDNAやRNAといった核酸を蛋白質の殻が包んだ構造をしていて、細胞ではありません。

細菌は、人の体と同様、細胞でできていますが、細菌や植物には人などの動物細胞にはない「細胞壁」という構造があります。

ペニシリンのような抗生物質は、細菌の細胞にある「細胞壁」を作るのに必要な酵素をブロックすることで、人の細胞には影響を与えることなく細菌の増殖を抑えることができるのです。

一方、そもそも細胞ではないウイルスには、抗生物質は効果がありません。

風邪は原因が一つではない「症候群」。さまざまな合併症も

風邪は正式には「かぜ症候群」と呼ばれ、鼻や喉といった上気道に急性の炎症がおこる病気の総称です。

発熱など全身の症状が見られたり、気管支などの下気道に多少の炎症が及ぶこともありますが、通常は数日で自然に治っていきます。

風邪の80~90%はウイルスが原因といわれますが、そのウイルスも多くの種類があり、一部の細菌やマイコプラズマも原因となります。

また、かぜ症候群には合併症が起こることがあります。

耳の痛みや耳だれが出てきた場合は中耳炎、黄色っぽい鼻水が長く続いたり顔面や頭の痛みがある時は副鼻腔炎、喉の痛みがひどい時は扁桃周囲膿瘍、黄色い痰が出たり咳が強い時は肺炎など、さまざまな合併症が考えられます。

こうした合併症の中には、抗生物質が有効なものもあります。

そのため、医師は風邪症状の患者さんを診察する際には、特定の病原体によるものを区別し、合併症がないか、風邪以外の病気ではないかといった点に、常に気を配って診療を行っています。

その結果、風邪で受診した患者さんに抗生物質を処方することもあれば、抗生物質を処方しない場合もあるのです。

患者さんは「風邪」と決めつけずに症状を正確に伝えることが大切

ほかにもインフルエンザやヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱・アデノウイルス感染症)も一般的な風邪と似た症状を起こします。

溶連菌感染症は子どもに多い病気ですが大人も感染することがあり、溶血連鎖球菌という細菌によるものなので抗生物質が有効です。

熱が出た・咳が出る、といっただけでは風邪とは限りません。

場合によっては心臓の病気など全く別の重要な病気が隠れていることもあるのです。

正しく診断・治療を行うためにも、大切なのは患者さんが自分で「風邪」と決めつけてしまわないこと。

いつからどのような症状があるかを、正確に医師に伝えるようにしましょう。

【参考】『医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解

執筆/監修:株式会社からだにいいこと


澤田めぐみ(さわだ・めぐみ)

【お話を伺った人】澤田めぐみ(さわだ・めぐみ)

内科医。東京医科歯科大学医学部卒。「医学を学ぶのは医師を目指す人たちだけ」という現状に疑問を抱き、「賢い医療消費者を育てたい」という思いから、2011年に日本で唯一の小中学生を対象とした医学教室「とうきょうキッズメディカルスクール」を開校。著書に『医師に聞けないあんな疑問 医師が解きたいこんな誤解』(メディカルトリビューン)がある。