初対面の人とは緊張して話ができない。そもそも話すのが苦手という人におすすめ。

「脱コミュ障」を目指す人に役立つ、傾聴力の磨き方をご紹介します。
脱コミュ障!『傾聴力』を磨けば、コミュニケーションが楽になる

じっくり聞くことがコミュニケーションの第一歩

人と話すのが好きだったり、カウンセリングを仕事にしている人のなかにも、もとは人とコミュニケーションを取るのが苦手だったという人が意外と多いもの。

そういった人が、まず取り組むのが「傾聴力」を磨くことだそう。

「傾聴(けいちょう)」とは、耳を傾けて相手の話を熱心に聞くこと。

英語ではアクティブリスニングとも呼ばれ、カウンセリングやコーチングでの重要なスキルとされています。

もちろん、日常会話でも大活躍するスキル。脱コミュ障のために、傾聴力を身につけるコツをご紹介します。

今日からすぐできる傾聴力を磨くコツ

○とにかく聞き役に徹する

人に話を聞いてもらうことでストレスを発散する人は多いもの。

ほとんどの人が、自分の話をしたいのです。

そのため“とにかく聞き役に徹する”ことだけで、コミュニケーション能力は上がります。

「会話はキャッチボール」とよく言われますが、「へ~そうなんだ~」「大変だね~」「それで、どうしたの?」などの返答があれば十分。

相手が話したのと同じ分、こちらが話す必要はありません。

相手の話に興味を持って聞くことにより、どんどん相手が話してくれます。

○意見を言わない

コミュニケーションというと、自分の意見をしっかり持ちながら、相手の意見も受け止めると考えがちですが、そこまでやる必要はありません。

まずは傾聴力を磨くべく、相手の話をじっくり聞きましょう。

この時、相手がスムーズに話せるように相づちは必要ですが、求められない限り意見を言う必要はありません。

特に、話し好きの人は、話すのが好きなだけで相手に意見を求めていません。

じっくり話を聞いてあげるだけで、楽しかったという印象を持ってもらえます。

○話の腰を折らない

相手が心地よく話をしている時は、そのまま心地よく話が続くように、話に耳を傾けましょう。

話している最中に相手に割り込まれて、最後まで話ができないと、人はとてもストレスがたまるもの。

会話のマナーでもありますが、相手の話はじっくり最後まで聞き、話の腰を折らないようにしましょう。

○自分はほぼ話さなくてよい

とにかく人の話をじっくり聞くのが傾聴力。

会話全体で相手が話すのが7、自分が話すのが3くらいを目安にして。

相手を会話の主人公にすることで、楽しい会話だったと相手に思ってもらえます。

○名前を呼ぶこと

「その時どうしたの?」と聞くより、「○○さんは、その時どうしたの?」と聞いた方が、質問された方はより親近感を感じ、自分の話に興味を持ってくれているように感じます。

すると、より相手が話を続けやすい状態に。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと