手元の文字がぼやける、ピントが合いにくいといった老眼のような症状がでている20〜30代の人が急増中。

話題の「スマホ老眼」についてご紹介します。
スマホ老眼!にならないための3つの方法

目のピントが合いにくくなったと感じたら…

日常生活に欠かせなくなったスマホ。寝る時以外は、ほとんど手元に置いて使っていることが多いのでは?

そんな昨今、スマホ老眼になる人が増えています。

20〜30代なのに、目のピントが合いにくくなったと感じる人、ドライアイや目の疲労を感じる人は、注意が必要です。

そもそも老眼とは、目のレンズ部分にあたる「水晶体」や、ピント調節をする「毛様体筋」が硬くなり、調節力が弱くなることで、近くのものが見えにくくなる症状のことをいいます。

その症状が現れるのは、45歳前後から。

スマホ老眼が日常化すると老眼が早まる!

しかし、スマホ老眼は、20~30代の本来老眼になる年齢ではない人が、老眼のような症状に見舞われるものです。

原因は、スマホを長時間近くで見続けることで、近くに目のピントがあったまま元に戻りにくくなり、直後に遠くを見ようとするとピントが合わずボヤけて見えたり、見えにくくなってしまうことです。

スマホを長時間使うのが日常化すると、ピント調節がきかなくなり、近くてもぼやけるといった老眼のような症状が現れます。

ほとんどが一時的な症状ですが、繰り返すうちに重症化することも。さらに、老眼を早める可能性もあると言われています。

生活に欠かせないスマホですが、以下のことに注意してスマホ老眼にならないようにしましょう。

スマホ老眼!にならないための4つの方法

1)ブルーライトをカットする

スマホの画面から出ているブルーライト。

波長の短い青い色の光のことで、紫外線に一番近く、網膜の奥まで届く非常に強い光です。

これを長時間見続けていると、目を傷つける恐れがあります。

ブルーライトには、波長が短く光が散乱しやすいという特徴が。画面で見ると、映像がにじんだり、まぶしく感じることにつながります。

目は、ピントを合わせようと必死になるのでピント調節機能に負担がかかり、スマホ老眼になりやすく。

スマホの機種に合わせた、ブルーライトカットフィルムをスマホ画面に貼ったり、スマホを使う時はブルーライトカット機能付きメガネをつけるなどして対策を。

また、iPhone6以降のiPhoneではブルーライトカット機能が搭載されています。「設定」>「画面表示と明るさ」>「Night Shift」を選択しましょう。

夜だけなど、時間ごとに自動で切り替えることも可能です。

2)スマホ画面を調整する

スマホの画面が明る過ぎると、それだけで目に疲労がたまりスマホ老眼になりやすくなります。

明るさ設定で、画面がまぶしく感じない明るさに調整をしましょう。

目安は、まぶしく感じず、白い画面がグレーに見えないくらいです。

3)ピント調節をする筋肉をほぐす

スマホ老眼の原因は、目の毛様体筋をはじめとする、調節に関わる筋肉が疲労することによるもの。

近くと遠くを交互に見る、トレーニングでそれらの筋肉をほぐしましょう。

やり方は、ペンを片手に持ち、腕を地面と水平に伸ばしたら、窓の外の景色が見える位置に立ちます。

はじめに手に持ったペンに両目のピントを合わせましょう。

次に、窓の外の景色にピントを合わせます。この時、外のビルや看板などポイントを決めるとやりやすくなります。

手元のペンと、遠くのビルを3秒ずつ交互に見ることを、3回繰り返して。

4)1時間に5〜10分は目を休める時間を作る

スマホを長時間使う場合は、1時間に1回5〜10分程度目を休める時間をもうけましょう。

スマホを長時間使っていると、どうしてもまばたきの回数が減り、ドライアイになります。

定期的に目を閉じ、目を温める、遠くを見るなどの休憩時間を作って目を休めて。

また、寝ながらや、暗いところでスマホを見るのは、目の負担が大きくなるので避けましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと