日差しの強い日には欠かせない日傘。最近は黒やシルバーをはじめ、さまざまな色の日傘が売り場に並んでいます。

その選び方と色の効果を解説します。

黒い日傘を使う人が多いのはなぜ?

直射日光を防いでくれる日傘。最近では、さまざまなデザインのものや、男性用日傘も登場するなど、商品の幅が広がっています。

ただ、街で見かける日傘といえば黒が主流です。

見た目がちょっと暑くるしいイメージですが、黒い色の日傘をさす人が多いのには理由が。

黒は紫外線を吸収する効果

黒という色は、光を吸収する色です。そのため、暑い日に黒いTシャツを着ていると、紫外線と赤外線を吸収して、とても暑く感じるはず。

そして黒い日傘は、太陽の紫外線を吸収するとともに、下から反射してくる照り返しの紫外線も吸収する効果があります。

そのため、アスファルトの道路を歩く時には、上からも下からも紫外線を吸収してくれる、表面も内側も黒色の日傘がおすすめです。

シルバーや白の日傘の特徴は?

一方、シルバーの日傘は、紫外線を反射させることで紫外線から身を守ります。

また、シルバーの生地は繊維が密に編み込まれているため、紫外線を通しにくいという特徴も。そのため、黒よりもシルバーの方が、紫外線カット率が高いとされています。

ただし、反射による紫外線カット効果のため、まわりの人がまぶしく感じられるというデメリットも。

白も同様に、光を反射して紫外線をカットすることができる色ですが、内側も白だと照り返しの光を反射して増強させてしまいます。

となると、日傘は黒かシルバーを買うべきと思いがちですが、選ぶポイントはそれだけではありません。

色だけでなく紫外線をカットする方法に注目を

日傘を選ぶ時は色だけでなく、UVカット加工にも注目を。

一般的な日傘は、コットンや麻、シルクなどの天然素材の生地を使い、紫外線吸収剤で加工したり、紫外線散乱剤を塗布することで、UVカット効果を高めたものです。

ちなみに、何も加工されていない黒色の傘でも、UVカットの効果は90%ほどあるとされています。

値段は2000~3000円が相場。これらのタイプは、数年使うとコーティングがはげてくるので、年数が経つごとにUVカット率も低下します。

そのため、2~3年ごとに買い換えるのがおすすめです。また、熱や光のまぶしさも防ぎたいなら、色は黒を選びましょう。

ほかにも、生地の構造に特殊加工をした日傘は、生地自体にUVカット効果があるので劣化しにくく、破れない限り効果が続くといわれています。

この場合は色に関係なく、高いUVカット効果が持続するとされています。

ただし丈夫な生地のため、天然素材の生地の日傘と比べて少し重く、値段も12000円前後と割高になります。

外で過ごす機会の多いときは、生地自体にUVカット効果があるものを。

そして少し外出する際の日傘としては、持ち歩きに便利な天然素材のものにするなど、用途に合わせて使い勝手のよい日傘を選びましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと