猛暑日が続く季節になると、熱中症に注意喚起するニュースが連日報道されています。

そこで、基本的な熱中症予防に役立つ飲み物と食べ物をご紹介します。
これぐらいは知っておきたい! 熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物の選び方

カフェイン入りのお茶は水分補給にならない

災害レベルといわれるほどの、暑い夏。

熱中症予防対策は十分でしょうか?

厚生労働省では、室内外問わず、喉の渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液などを補給することを呼びかけています。

そこで水以外に、積極的にとりたい飲み物と食べ物をまとめました。

<熱中症予防に役立つ飲み物・食べ物>

○麦茶

夏の定番のお茶といえば麦茶。夏場は、汗でミネラルを失いがちです。

麦茶には、カリウムやリン、ナトリウムなどのミネラルが含まれており、汗で流れたミネラルを補給することができます。

また、麦茶はノンカフェインなのもポイント。

カフェインには利尿作用があり、体の水分を排出してしまいます。

カフェインの成分があるお茶の飲み物やアイスコーヒーを飲んでいても、逆に水分を排出してしまうことになるので注意して。

○スポーツドリンク

運動後など、たくさん汗をかいた後は、体の塩分とエネルギーが失われがち。

塩分、糖分を含むスポーツドリンクは、それらを補うことができます。

ただ、塩分と糖分がたっぷり含まれているので、飲み過ぎに注意を。

スポーツドリンクは2〜3倍に薄めた方が体に浸透しやすく、塩分と糖分の取りすぎも防げます。

○牛乳や乳製品

ややきつい運動後に牛乳や乳製品を摂ると、体温の調整機能が改善するそう。

牛乳にはタンパク質と糖質が含まれており、これらを一緒に摂ることで血液量が増加して汗をかきやすい体に。

暑さに順応できるため、熱中症になりにくい体を作ることができます。

○梅干し

少し動くだけで汗をかくため、体がバテやすくなっています。

体の疲労物質をはやく除去するためにも、クエン酸を含む梅干しは最適。

塩分補給のほか、殺菌効果もあります。クエン酸を含む食材は、柑橘類やお酢なども。

○モロヘイヤ

汗で流れ出たカリウムを補給してくれるのが、モロヘイヤ。

カルシウム、鉄などのミネラル、造血作用のある葉酸も含んでおり、栄養価の高い食材です。

栄養補給をして熱中症になりにくい体を作りましょう。

○豚肉

豚肉にはビタミンB1がたっぷり。

ビタミンB1が体内に不足すると、糖質をとってもエネルギーに変えることができず、疲労やだるさにつながります。

1日のビタミンB1の推奨量は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mg。

豚モモ肉(赤身)は、100gあたり1.01mgとビタミンB1が豊富です。

梅干しベースのソースを作って合わせれば、クエン酸が一緒に摂れるので◎。

○納豆

納豆には、ビタミンB1とミネラルが豊富です。

夏場は、食欲がなく冷たい麺類を食べることが多くなりがち。

麺類に納豆をプラスすることで、麺類の糖質をエネルギーに効率よく変換して、疲れにくい体を作り、熱中症予防に役立ちます。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと