証拠を見つけたわけでもないのに、彼氏や夫の浮気やウソを見破るのが「女の勘」。女性の勘が鋭いのには、理由がありました。
女性の勘が優れている理由とは?ウソや浮気を見破る能力が高い訳

「符号解読能力」が優れているから女性の勘は当たる

ドラマや映画でも男性の嘘を女性が「女の勘」で見破るシーンがよく描かれています。これは、フィクションの世界の話だけではありません。実際に男性より女性の勘が鋭いのは事実なんです。

その理由が「符号解読能力」。これは心理学で使われる言葉で、人の言葉以外のしぐさや、視線、表情などを読み取る力のこと。女性が男性より符号解読能力が優れているのは、昔の生活が大きく影響しているのだそう。

もともと男性は外で狩りや農作業をするなどして働き、女性は家庭で子供を守るのが役割でした。男性が外で働いている間に、家庭を守るため、小さな変化も見逃さないよう符号解読能力が発達したと考えられています。

現代では、女性から離婚や別れを切り出す場合、ほとんどの男性が「突然、どうしたの?」とびっくりすることが多いもの。これは男性の符号解読能力が低いため。女性側はそういったサインを以前から出していたのに、男性側が気づかなかったため「突然」と感じるのです。では、男性でも符号解読能力をアップさせることは可能なのでしょうか?

符号解読能力は仕事でも活用できる

人は、不安な時に視線をキョロキョロさせたり、イライラしている時は落ち着きがなかったりなど、その時の感情が何かしら体で表現されているものです。楽しかったら笑うなど、人が感情を抱いたときの表現はある程度共通しています。

こうした相手の態度を読み取る力が、符号解読能力です。この能力は、サービス業やセールス、占い師、カウンセラーの仕事で活用することができます。もちろん、恋愛面でも活用が可能で、モテる人はこの能力が高い人。男性で符号解読能力が高い場合、女性は「言わなくてもわかってくれる」と心地よく感じ、相手に好意を抱くからです。

符号解読能力を高めるには?

この符号解読能力は、法則を知ることで身につけられます。例えば、話をしている時に腕を組むのは、相手を拒否しているサイン、目を見て話さないのも興味がない証拠です。こういったように、口先では肯定的なことを言っていても、態度でこのようなサインがでていたら本心は興味がない、心を開いていないと考えられます。

心理学の世界では、汗をかく・顔色が変わるなど自分では制御できない「自律神経信号」のほか、手足の動き、姿勢、表情、言葉、声のトーンからその人の本心を読み取れるとされています。人の心理を読み解くには、顔だけではなく、体全体を観察すること。日頃から、こういったことを意識しながらコミュニケーションをとると次第に身についてきます。まずは、相手の動作をよく観察することが、符号解読能力のアップのカギです!

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

この記事は2018年6月に執筆されたものです。